妊活女性に取って最大の敵。

それは嫉妬だったりします。

自分より後から妊活を始めた人が、苦労することなく妊娠した姿を目の当たりにするとなんとも言えない黒い感情に包まれてしまい、平常心でいられなくなるという経験をしたことある人も多いのです。

そんな感情をうまく付き合っていく方法もご紹介します。

 

妊娠は椅子取りゲームではない

妊娠というのは、全体でできる人の人数が決まっていて、他の人が妊娠することで自分の妊娠の確率が下がるなんてことはありません

しかし、そんなことはわかっていても、モヤモヤした気持ちになるということはあります。

もしも、妊娠できる人の数が十人と決まっていて、他の誰かが妊娠したとしたら。

残り9人しか妊娠できない。

その席を争うのであれば、嫉妬したり、嫌な気持ちになるのは納得できます。

しかし、妊娠はそうではないんですよね。

そんなことは百も承知としながらも、襲ってくる感情であります。

 

一度も会ったことのない芸能人。

すれ違っただけの知らない人。

そんな人にも妊娠しているだけで、敵対心を持ってしまう人もいます。

 

そして、万が一同じ職場や友人が自分が妊娠することができない中、先に苦労なく妊娠する姿を目の当たりにすると、

モヤモヤした嫌な気持ちになり、「おめでとう」という気持ちを快く言えなかったり。

 

そんな気持ちになるのは当然です

  • 誰かが妊娠したことを喜べない
  • 素直におめでとうと言えない
  • むしろ、なんであの人が妊娠できるの

といった感情に振り回されてしまうことは決してあなたが悪い人間だからでもありません

そのような感情になるのは致し方ないことです。

その状況に置かれた人なら、当然の感情なのです。

人間はそういうふうにできているんです。

嫉妬してしまう生き物。

  • 食べなかったらお腹が空く
  • 寝不足だと眠い

それと同じです。

あなたが特別悪いわけではありませんので、そんな黒い感情がわいてしまったとしても自分を嫌いにならないようにしてくださいね

 

マイナスな気持ちも全て受け入れる

そんなマイナスな気持ちも否定せず、存分に受け入れてあげることが大切です。

例えば、妊活アカウントのツイッターにつぶやいてみたり、ブログに書いてみたり。

そうしうると、同じような経験をしたことのある方からきっと暖かいメッセージがもらえることでしょう。

自分を否定せず、黒い感情も全て吐き出す。

そして、スッキリしたらまた新しい気持ちで切り替える。

そうすることでストレスを発散させることが大切です。

 

妊活時に大切なこと~産み分けする人は特に注意!~

仕事をしながらの妊活(気を付けたこと)